• TOP
  • >
  • ABOUT US

より深い感動を、より深い体験で

こんにちは。バジャウトリップ西表フィールドサービスの代表、赤塚と申します。
近年、石垣島を玄関口として多くの方が八重山諸島に遊びに来てくれています。それは人それぞれ求めているものは違うとは思いますが、多くの人は沖縄らしい南国特有の自然を楽しみに来ている方がほとんどだと思います。とくに私たちが住む西表島は島の90パーセントが国有林、全域が国立公園に指定されたジャングルと手付かずの海岸線が残る大自然の島です。
 
この島の自然を楽しむのに、何も皆さんが困ることはありません。すでに多くのアウトフィッター、ガイド業者が存在し、ダイビング、シュノーケリング、カヌー、カヤック、キャニオニング、ケイビング、トレッキングなど様々なアクティビティーが用意されています。
 
強いて言えば、そのショップの数、楽しみ方が多すぎてどこを選んでいいのかわからない!? ーという方がほとんどだと思います。
自分に合うショップさん、そしてガイドさんと出逢おうと思えば思うほど、選定は困難です。
 
当店は主にシーカヤックを使用して島のメジャー処はなるべく避け、離島らしいひと気の少ないフィールドを少人数制でご案内しています。
ガイドはアウトドアスキルはもちろん長年の経験があり、遠征経験や各種公認の資格も保持していますが、アウトドア業に凝り固まることなく、集落の行事に参加し狩猟や採集を通して島の自然や文化にも精通しています。
他のショップでは満足できなかった、もっと深く西表島のことを知りたい、もう少し旅人の心をくすぐる経験を得たい・・・。
そんな人ならば、きっと当店は満足してもらえるのではと思っています。
 
だからあまりアウトドアの経験や、体力のあるなしを深く考えなくても大丈夫。
必要なのは好奇心。
人生において特別なひと時、旅を皆様に提供できればうれしく思います。

 
バジャウトリップ西表フィールドサービス
赤塚 義之

シーカヤックを使ったネイチャーガイドの店ですが……
けっこう何でもやります

バジャウトリップ西表フィールドサービスでは、数少ない日程で島に遊びに来てくださる皆様の為に、天候に応じて臨機応変にツアー内容を変更することを心掛けています。その為にはお客様に一つの手段、特定のフィールドにこだわるのではなく、島の自然をありのまま受け入れてもらうことが必要です。
 凪の日はサンゴ礁を漕ぎ、風が吹けばマングローブの林に入り、雨が降ればしっとりを濡れた森を歩いて楽しむ。
 極上のビーチを見つけたら、ハンモックに揺られて読書にふける。透明度が素晴らしいところではたまらずシュノーケリング。暑すぎる日は沢に入って飛び込みジャンプ!
 そのためバジャウトリップ西表フィールドサービスではカヌーメインではありますが、あくまで手段と割り切り、島の自然を楽しんでもらうためのアウトドアアクティビティーを多く提供していきたいと思っています。

少人数ツアーならではの、その時の自然との一期一会の旅を

バジャウトリップは西表島の自然が大好きなオーナーが一人で営んでいるお店です。
そのため多くのお客様を一度に連れていくことはできませんが、少人数をプライベート感覚を残したままそれぞれのご要望をかなえることが可能です。ですから決められたコースを淡々とこなしていくマニュアル化したツアーではありません。
 
大まかなコースをこちらで用意しています。 

 
 
  それ以外にもご提案があれば配慮いたしますので、まずはお問い合わせのほどよろしくお願いいたします。

          例)・カップルでのご旅行、新婚旅行なので何か特別な思い出を
            ・家族ずれで子供と一緒にとにかく遊びたい
            ・写真撮影のコーディネイト
            ・動植物の案内ガイド
            ・有名ポイントでない場所で、カヤックからのスキンダイビング

                           ・・・などなど
  
 
 
是非ご相談、お問い合わせください!

ところでバジャウトリップの「バジャウ」ってなに?

 バジャウトリップの「バジャウ」とは、フィリピン、インドネシア、マレーシアのちょうど国境に当たるスールー海を中心とした海域で生活している漂海民族「バジャウ族」から来ています(マレー語で「bajau」、インドネシアでは「bajo」と呼ぶそうです)。
 

 一家族単位で家舟と呼ばれる帆掛け船に乗り込んで昼夜問わず海の上で生活する人々で魚やナマコ、ウニを獲ってそれを干物にして中国華僑に売り生活の糧として生きる。
 生まれるのも海の上。子供を作るのも海の上。そして死ぬのも海の上。
 国境も関係なく海を行き交い、子供は海と両親に全てを教わる人たち。
 

 そんなバジャウ族に憧れ、カヤックを使って漁をしながら旅をしたい僕は、漂海民そのものになるのは無理としても、彼らにあやかり、海の恩恵を受けながらの自給自足に近い旅をbajau trip (バジャウトリップ)と自ら称して20代の頃行っていました。
 
 西表島に住処を定め、旅することも昔に比べれば少なくなりましたがそのような楽しみを多くの方と共有していきたいと思い、この西表島のフィールドを用いてアウトドアガイドサービスを行おうと思った次第です。
 海を彷徨うバジャウ族のように、この西表島、八重山の海を人力の船、カヤックで旅し遊びつくしましょう。
 

ガイド紹介

ガイド 赤塚 義之 Yoshiyuki Akatsuka

1978年10月4日東京都荒川区生まれの千葉県船橋市育ち。
親父は薩摩、母親は越後という酒処夫婦のもと、見事な酒好きに育つ。
しかし、弱い・・・。すぐに二日酔いになる。

東京水産大学(現・東京海洋大学)卒業。この学生時代に八重山諸島に入り浸って「島旅症候群」に感染。悪化の一途を向かえて休学。西表島に住み込んだあたりで人生ドロップアウト。
その西表島で運命のシーカヤックとの出逢い…。
沖縄で憶えた海を潜る楽しさ。海の上も、中も、楽しむすべを若くして知ってしまいました。
卒業後、西表島の老舗ガイドショップに押掛けガイド。その後島を出て東京都内でサラリーマンを経験する。三か月前まで無人島で半裸で仕事をしていたのに赤坂のオフィスビルでスーツを着てパソコンに向かっている自分の現状が笑えた。
2005年、仕事を辞めフェザークラフトカフナを担いで日本縦断。南は西表島、北は知床半島までいろいろ漕ぎまわる。

この頃から夏はシーカヤックガイド、冬は東京都内の飲食店で料理の腕、サービス業者としてのスキルを磨き、合間にカヤックを持って遠征に出るようになる。
2008年にニュージーランド遊学。本場のアウトドア、スポーツレジャー大国のやり方に感動する。その一方、日本の自然の素晴らしさに気付かされ、西表島という土地に思いをはせるようになる。
帰国後、やはり自分は西表島が好きだと確信し、島に移住。
2012年7月、ついに独立。現在に至る。

趣味は「魚獲り」と、その獲物を魚から肴にかえる事。
最近は狩猟免許も取って島の名人のもとで罠猟の修行も始めました。
「見る獲る食べる知る」を実践して西表島ライフを充実させております。
好きなものは日本酒とコーヒー。
アウトドア以外の興味関心は水産業関連と飲食業界。
弱点はときおりとび出る鼻毛と寝起きの悪さ。

所属団体・資格

日本赤十字社水上安全法 救助員Ⅰ
沖縄県カヤックガイド協会 公認ガイド
西表島カヌー組合 組合員
日本自然保護協会NACS-J 自然観察指導員
AHAハートセイバーファーストエイド 修了
AHAハートセイバーウィルダネスファーストエイド 修了
一級小型船舶操縦免許
沖縄県猟友会竹富町支部 会員
大富青年会 
竹富町商工会

活動

瀬戸内カヤック横断隊 5,7,8,10,11,13隊士
3万年前の航海徹底再現プロジェクト 2016

主なカヤッキング履歴

茨城県那珂川にて初めてのカヤック 1997
Feathercraft KAHUNA購入 2003
西表島「南風見ぱぴよん」 ガイド 2003、2007~2012
カナダ・アラスカ遠征 2004
KAHUNAとともに西表島から知床半島まで旅をする 2005
屋久島一周 2005
知床Expedition 72,73,83,99 参加
小豆島「島風」 チーフガイド 2006
八重山諸島一周(未完漕) 2006
Feathercraft K-1購入 2007
Alaska Glacier Bay遠征 2007
東京海洋大学水圏リテラシー実習非常勤講師 2008
NZ Upper North Island 1000km 2009